心理セラピストになりたい人におススメです


NLPタッピングセラピー講座を受講された紫苑さんから講座のご感想をいただきましたので紹介します。


私には過去に出会った人の中に、交流のあった当時に怒りを感じた人がいます。

その人のことを思い出すとやはり大嫌いなんですね。
フェイスブックのタイムラインにその人の投稿記事がたまに流れてくるのですが、それを目にするとやはり大嫌いだなと思うのです。

その人のことは今はもう気にしていないのですが、NLPタッピングセラピー講座の中ではあえてその人のことを思い出してみました。
そうすると大嫌いという感情がやはり出てきました。

その嫌いという感情のSUD(※注 主観的不安尺度=不安などのネガティブな感情を主観的に10点満点で数値化したもの)は10点ありました。

講座の中では自分の過去を振り返っていくワークがありましたが、それをしたら似たような体験をしていたことに気づきました。
全然気にならなくなっていたつもりでしたが、潜在意識の中には関係があるものが残っていたのだなと思いました。

NLPタッピングセラピーをすると、大嫌いという感情の元になっていた記憶の映像が小さな枠の中に入っていきました。ハガキより小さいぐらいの大きさに小さくなって見えたのです。
そしてそれが濃い白い煙に覆われているように見えました。原型がほとんど見えないぐらいになりました。

そうなると感情がどんどん下がっていきました。
その出来事をすごく客観的に見れるようになった感じです。

NLPタッピングセラピーをこのように自分で体験して、変化を感じました。
効果はずいぶんあると思います。

講座の中ではNLPタッピングセラピーがあまりにも簡単な技術だったことが1番印象的です。
簡単だけれど、効果があるのですごいなと思いましたね。

効果を少しずつ時間をかけて感じるのではなく、10分間程度ですぐに感じるので素晴らしいですね。

また講師の田中さんの明るさとか優しさとかの人間性も出ていますね。
真面目さ、丁寧さも感じましたね。

私は占いの仕事もしているのですが、お客の中には心身の不調を訴えられる人がときどきいらっしゃいます。
その不調の原因がその人の潜在意識に隠れているなと思うことは多いですね。
今後はそういう人たちにNLPタッピングセラピーを使っていきたいと考えています。

面接で占いをしているときはそのままできますし、電話鑑定の場合は電話でNLPタッピングセラピーを施術したいと思います。
仕事で使えるツールが1つ増えたのがうれしいです。

世の中にはセラピストになりたい人、人の役に立ちたい人が多くいると思います。
でもどのようにしたらセラピストになれるのか、その方法が分からない人も多いと思います。

そういう人たちにNLPタッピングセラピーはピッタリなのではないかなと思います。
簡単ですし、受講料も安いし、講師も優しいです。

ただNLPタッピングセラピーは簡単ですが、プロのセラピストを何年もやっている人ならその簡単さに凝縮された凄さがよく分かると思います。

(スピリチャルセラピスト 紫苑 占い・ヒプノセラピー・レイキヒーリング 月の船

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です